• いしばし鍼灸治療院

難聴


熊本地震から、難聴の治療のことで問い合わせが多くなったようです。 病院でも原因がわからず、高圧酸素療法やステロイドの投薬をしてみたけど結果が思わしくないと、 治療に見えられる方が以前より多くなったようです。 やはり、震災の後眠れないとか、不安感があるとか、恐怖心があるとか、イライラするとか精神的な症状を併せ持っておられる方がほとんどのようです。 病院の説明では、精神的なことまではあまり聞かれず、耳まわりの炎症で血液の循環が悪いという事で、ステロイド投与や、高圧酸素療法をされるみたいです。 突発性難聴の場合、局所の治療と合わせて、本質的な治療もしないと、ただそこだけいじってもその時だけで本質的にはまた再発してしまいます。 そこで鍼灸治療では、局所の血液の循環不全に対して行う治療と、循環不全を起こしている大元の精神的な不安による交感神経緊張に対して起こる循環不全の治療とを合わせて同時に行っていきます。 鍼灸の場合同じ難聴でも、症状によって治療方針が変わってきますので使うツボも違ってきます。 何でも気が付いたことは言ってください。 突発性難聴の場合、局所の治療と合わせて、鍼灸治療みたいに、本質的な精神的な治療もしないと治ってくれません。 ほとんどの方が、来た時よりも全然違うと言われて帰って行かれます。症状が現れてすぐの方程治りが早いです。 突発性難聴でお悩みの方は是非相談してください。

いろいろ病院も変えて治療したが改善せず諦めた方もいらっしゃいますが、改善する可能性がありますので是非治療をして見られたら

#耳鳴難聴

24回の閲覧

最新記事

すべて表示

耳鳴難聴

耳鳴や難聴は、昔は年配者を中心に多い疾患でしたが、最近は若い人にも多くいらっしゃいます。 病院で治療したが治らないと言われたと治療に見えられる方が殆どで最近遠方からもおいでになります。 耳鳴難聴の場合、治療に見えられるとほとんどの方が2,3回の治療でもセミの鳴くような音が聞こえなくなったとか、キーンとする音が聞こえなくなったとか依然変わらなかった症状が耳鳴がしないようになったと言われるように、明ら

耳鳴難聴の耳鼻科系疾患(突発性難聴)

耳鳴難聴の耳鼻科系疾患の突発性難聴で、キンキキッズの堂本君(何方も堂本君なので書き方が難しい)が入院治療をされるとニュースで言っていましたね。治られるといいですね。 発症して2週間以内なら治る見込みもあるけど、残念ですがもう治らないかもしれないとお医者さんに言われて鍼灸治療に見えられる方が多いようです。 鍼灸では薬物と違い局所の血流改善が出来ますので、耳鳴難聴の耳鼻科系疾患にも有効ですから あきら

熊本市中央区黒髪6-10-35
いしばし鍼灸治療院
096-346-5085

※ 鍼灸治療は民間療法とは違います

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律により

国家資格免許を与えられた鍼灸師が行う医療行為です

安心して治療を受けてください