• いしばし鍼灸治療院

スーパードクター


佐賀大学医学部整形外科教授の馬渡先生からの投稿をご紹介します。 最近テレビなどでスーパードクターと称した医師がその手術を見せるといった番組がよくあります。今でもテレビの影響は大きいようで、放送されるや否や全国から患者さんが押し寄せるそうです。本当にその医師が「神の手」を持つのかどうか定かでもなく、都合の良いところだけ編集して、はたして真摯に医療に取り組まれているのかは不明です。学会などにも全く参加することなく、医療界から外れたような人もいるようです。その番組もそのスーパードクター自らがお金を出し制作していることもあるようですので、やはり気を付けてもらいたいと思います。整形外科の医療は長時間にわたってきちんと結果を見続けなければなりません。患者さんにも1~2年に1度は外来に来てくださるように勧めています。そしてその結果は学会や学術誌に報告し、反省も踏まえながら、さらに最良の医療が提供できるよう改善し続けなければなりません。整形外科医療はがん治療と異なり、5年良ければもう大丈夫というわけにはいかず、一生のスパンで考えないといけません。短期に良ければいいというわけにはいかないのです。そして再手術が必要なこともあり、そこまでしっかり面倒を見てもらえる医療機関で受けるべきです。マスコミの情報だけを信用するのではなく、かかりつけの先生が紹介するようなしっかりした病院で治療を受けてもらうようにお願いします。 と、投稿されていらっしゃいますので参考になされてください。

私もそう思います。いしばし鍼灸治療院


25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動の効果について!

不定期で、佐賀大学医学部より股関節だよりという、関節痛や、痛みについて興味ある記事を掲載されている冊子が送られてきますので、その中から、【運動の効果】について佐賀大学医学部准教授の園畑先生の投稿をご紹介します。 『病院の先生から、「運動したほうがいいですよ」「リハビリをしましょう」と言われたことも一度や二度ではないと思います。 運動は股関節や膝の痛みにどのような効果があるのでしょうか。  

足底腱膜炎

マラソンの練習の疲労からか最近初心者だけじゃなく大学生や、市民ランナーの方でも異常を訴えられてる方がいらっしゃいます。 即効性がありますから無駄に時間を浪費しないように怖がらずに早めの治療をお勧めいたします。 痛みを我慢してもずっと引きずるだけです。 足底腱膜炎の場合、痛みのある所だけ治療をしても治りません、足全体で見ないと休んでいたけどまた走り出したら痛みが再発しどうしていいかわからなくなります