• いしばし鍼灸治療院

逆子治療8


34週から逆子治療を始められたお母さんから、うれしいメールが届きました。 35週の検診では返っていなかったのが、36週の検診で無事に返っていたそうです。 36週の検診を受ける前の治療で、いつもと赤ちゃんの向きが違うような気がするとは言われていたんですけど、ほとんどのお母さん方が、よくわからなかったけど検診の時に返っていたと言われることが多いので、返って本当に良かったですね。 後はもう少し出産まで安産なように続けて見られるそうです。 元々逆子治療は安産のお灸ですから、出来るだけ続けられる方がいいと思います。 検診の結果をすぐに教えていただき本当にうれしかったです。 36週ですからもう元に戻ることはないと思いますから、後は無事に出産ができるようにお手伝いできればと思っています。 本当に良かったですね。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

逆子治療

今日の検診で37週と5日で逆子治療を始められた妊婦さんが、約1週間4回の治療で逆子が治っていたとうれしいお知らせがありました。 今まで逆子が治った最高が37週の妊婦さんだったので、最初にお見えになった時は正直次の週が帝王切開の予定だとおっしゃってたので難しいかなと思ったんですが、よくよく話を聞いていたらもともと逆子だったのが35週ぐらいで一度治って、また37週の検診でまた逆子に逆戻りしてたそうで

円形脱毛症

全頭型の脱毛症のお子さんを8月から治療していましたが、もうほとんど髪の毛が生えてきてほぼ完治された親御さんから、ご実家がトマト農家だということでトマトを袋いっぱいいただいてとてもうれしかったです。

運動の効果について!

不定期で、佐賀大学医学部より股関節だよりという、関節痛や、痛みについて興味ある記事を掲載されている冊子が送られてきますので、その中から、【運動の効果】について佐賀大学医学部准教授の園畑先生の投稿をご紹介します。 『病院の先生から、「運動したほうがいいですよ」「リハビリをしましょう」と言われたことも一度や二度ではないと思います。 運動は股関節や膝の痛みにどのような効果があるのでしょうか。  

熊本市中央区黒髪6-10-35
いしばし鍼灸治療院
096-346-5085

※ 鍼灸治療は民間療法とは違います

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律により

国家資格免許を与えられた鍼灸師が行う医療行為です

安心して治療を受けてください