• いしばし鍼灸治療院

逆子治療

今日、29週から逆子治療をされていた妊婦さんが前回の検診で満面の笑みで無事に直っていたと報告がありました。よかったですね。

この方のように30週ぐらいで治療を始められるとほとんどの方が直られます。

もう少し逆子体操で様子を見てからと考えずに、もう少し早くにやっとけばよかったと後悔しないように、早めに対処されたほうが直る確率も高くなりますので、逆子とわかったら一日でも早く治療に来られてください。

お産の時は病院を変わられるようで、今は診察とお産と別の病院もあるみたいで心配でしょうが無事に出産されると思います。

元々逆子のお灸は安産のためのお灸ですから。


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

逆子治療

37週の検診で、今まで普通だったのが逆子になっていたので何とか普通分娩で産みたいからという事で治療した妊婦さんから、昨日の検診で直っていたと今朝電話をいただきました。年子になる上のお子さんがいるので治療に何度もこれないかもしれないけど、ダメもとで可能性があるなら治療したいという事でした。こういう妊婦さんを3人ほど見ましたけどみなさん返られました。臨月に入って逆子になった妊婦さんの場合、考え方ではま

逆子治療7

34週から治療を始めた4人目を妊娠されてるお母さんから、うれしいお知らせがありました。 35週目の検診で逆子が直っていたそうです。 先生も診察の前に帝王切開の予約をするつもりでいたら、直っていたのでびっくりされて 「逆子体操を頑張ったんですか」と言われたので「ぜんぜんやっていません、鍼灸治療をやっていました」と言われたら先生も看護師さんもびっくりされてたそうです。 今は、先生たちの方から

逆子治療6

先日、逆子が直られたお母さんが、頭痛肩こりと、のどのイガイガ、気分が悪い、という症状などで治療に見えられました。 東洋医学ではこういう症状を、”痰濁”という病態で治療をしていきます。 なかなか西洋医学では、ただ頭痛薬を処方されるだけで、痛みに関しては即効性があるとは思いますが、かえって胃腸を悪くしたりして、症状が長引くことにもなりかねないと思いますので、こういった治療にも原因から治す鍼灸は効果