逆子治療6

December 28, 2017

先日、逆子が直られたお母さんが、頭痛肩こりと、のどのイガイガ、気分が悪い、という症状などで治療に見えられました。
東洋医学ではこういう症状を、”痰濁”という病態で治療をしていきます。
なかなか西洋医学では、ただ頭痛薬を処方されるだけで、痛みに関しては即効性があるとは思いますが、かえって胃腸を悪くしたりして、症状が長引くことにもなりかねないと思いますので、こういった治療にも原因から治す鍼灸は効果があります。
そのお母さんから出産の時のことを聞いたのですが、二人目の出産で無痛分娩を希望されていらしたけど、陣痛が始まって病院に行く途中からお産しかかって、分娩台に乗ってお医者様からもう産まれますよと言われ麻酔することなく普通分娩で出産されたそうです。
この方も、逆子が直られた後もお灸を続けられていらした方でした。
改めて逆子のお灸は、安産のお灸なんだなと思った次第です。
 

Please reload

特集記事

不定期で、佐賀大学医学部より股関節だよりという、関節痛や、痛みについて興味ある記事を掲載されている冊子が送られてきますので、その中から、【運動の効果】について佐賀大学医学部准教授の園畑先生の投稿をご紹介します。

『病院の先生から、「運動したほうがいいですよ」「リハビリをしましょう」と言われたことも...

運動の効果について!

October 13, 2018

1/7
Please reload

最新記事

June 16, 2018

June 7, 2018

April 20, 2018

April 14, 2018

March 2, 2018

March 1, 2018

February 17, 2018

January 11, 2018

Please reload

アーカイブ