耳鳴難聴 メニエール

耳鳴難聴の耳鼻科系疾患も鍼灸が最も得意とするところです

耳がキーンとかジーンとしたり蝉が鳴くようなうるさい音が聞こえたり、曇ったような感じで聞こえにくかったりするような症状の方、低音が聞き取れなかったり高音が聞き取れなかったり、肩こりを伴う方、めまいもするような方、いろいろな症状を訴えられます。

病院で入院治療をしたが原因が分からず、自律神経失調症やメニエール氏病など、とりあえずステロイド薬を処方してもらって飲んでるが改善しない、高圧酸素療法を試したが、症状が変わらないか悪化するようになった、病院ではもう治る見込みがないと医師に言われた方などが治療に見えられます。

原因も分からずとりあえず薬ってなんか怖くないですか?

人それぞれ症状は違いますが,突発性難聴、メニエール病など、精神的なストレスなどで耳の周囲の血液循環が悪い時に起こる症状には最初の1,2回の治療でも治療受ける前とは全然違いますので、ぜひ相談されてください。聴力検査でも明らかに低音域から高音域と改善されて皆さんびっくりされます。最近は職場でのパワハラなどで、精神的にストレスを抱えていらっしゃる方や、立ち仕事が多い方など、職場の環境で発病される方が多いようです。

病院では簡単に自律神経の乱れ、自律神経失調症だと、一括りに言われるようですが、鍼灸など東洋医学では、自律神経の乱れや変調をきたした感情の種類によっても細かく分類をして、耳鳴やめまいを起こしている原因に対して治療をしていきますので、病院ではもう治らないと言われた方や、手術を勧められた方でも改善されています。

子供さんなど、学校の検診で初めて聴力が弱いと言われて気づくことがありますが、何か炎症でも起きていればステロイド剤も有効なんでしょうが、ステロイドの治療をしてもダメだったと鍼治療に見えられる方が多いです。こういう強い薬は、標的にした箇所だけじゃなく健康な全身の細胞までも薬が作用しますので取り扱いには細心の注意が必要です。聴覚だけではなく、嗅覚、味覚までも感受性が高まり、胃潰瘍にもなりやすくなったり、中にはステロイド剤服用することによって血糖値が上昇したという方もいらっしゃいました。ステロイド剤は十分な管理が必要な薬剤です、ステロイド治療を完全否定するつもりはありませんが、急性期ならいいと思いますが、安易に長期にわたって服用する薬ではありませんから十分な管理指導の下服用しないといけないので十分注意しましょう。

鍼灸治療はそういった心配がありませんから、ただ時間がたつと治りにくくなりますので、なるべく早い段階で治療をしましょう。

病院でお医者様にもう治る見込みがないと言われた方も、お医者様に言われたからと言ってあきらめず、鍼灸治療を試してみられませんか?元々原因不明なことが多い疾患なので、逆に考えると治らないと断定する必要もないと思います。ただ単に病院でする治療がないだけなんです。

鍼灸治療は、薬にはできない難聴や耳鳴の原因である局所の血流の循環改善もできますので、副作用も危険性もなく治療が出来る、何千年も大昔からある鍼灸治療を是非試して見られたらどうでしょうか?

よく精神的なもので自律神経のバランスが崩れ、それで耳周囲の血液の循環が悪く発症するのではないかと言われていますが、精神的な調整も鍼灸ではできます。

​鍼灸では、局所の血液の循環改善と、精神的な自律神経の乱れを調節しながら改善するように治療をしていきますので、​もっと早く来ればよかったと必ず思うはずです。

​速い方で1,2回で結果が出ますし、どなたでも来た時よりも必ず改善しています。

もう長期にわたって患ってるので、今更やっても治るわけがないとあきらめずに治療してみませんか、短期の方ならほとんどの方が症状が改善されます。10年以上長期の方でも、約半分の方が今まで変わらなかったものが、いい時と悪い時の感覚が出てきたとか、音が小さくなったとか、声が聞き取れるようになったとか言われて症状が緩和されています。耳鳴に伴って、不眠があって眠剤を飲んでいないと眠れなかったのが眠れるようになったとか改善されているようです。

疑問に思う事や不安なこと何でも聞いてください。

​一緒に直していきましょうお待ちしています.

 

熊本市中央区黒髪5-4-53
いしばし鍼灸治療院
096-346-5085

※ 鍼灸治療は民間療法とは違います

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律により

国家資格免許を与えられた鍼灸師が行う医療行為です

安心して治療を受けてください