​顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは脳に病変があるものと、顔面神経の走行上に異常があるものとに分けられます。鍼灸の適応症は顔面神経の走行部位に病変があるものを主に対象とします。顔面神経麻痺のほとんどが原因不明で、顔面神経の血行不良が顔面神経を包んでいる顔面神経管内に浮腫をきたし、圧迫されて神経伝達障害を起こすものと考えられているようです。

症状は、顔のしわがなくなったり、目を閉じることが不十分だったり、強く閉じようとすると眼球が上方に回転したり、口角が下がったり、鼻唇溝が浅くなったり、食べ物が口の中にたまったりします。

顔面神経は涙や、味覚なども支配していますので、障害の部位により、味覚障害や、聴覚過敏、唾液や涙の分泌低下などがあります。長く患っていて、お薬の量や種類も増えていると、頻尿や睡眠障害などの自律神経の症状も訴えられる方もいらっしゃいますが、睡眠障害などは早い段階から改善されるようです。鍼治療ではこのような血行障害からくる病変に有効に作用改善させることができます。

元々原因不明な病気なので、お薬ではなかなか改善させることが難しいようで、鍼灸を試される方が多いようです。

​東洋医学的な考え方では、原因が外からの刺激からくるものと、体の中の機能低下からくるものとに分けて考えて治療をしていきます。このような顔面神経に限らず、各神経麻痺には鍼灸治療はかなり有効だと思います。

熊本市中央区黒髪5-4-53
いしばし鍼灸治療院
096-346-5085

※ 鍼灸治療は民間療法とは違います

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律により

国家資格免許を与えられた鍼灸師が行う医療行為です

安心して治療を受けてください