​顔面神経麻痺

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは脳に病変があるものと、顔面神経の走行上に異常があるものとに分けられます。鍼灸の適応症は顔面神経の走行部位に病変があるものを主に対象とします。顔面神経麻痺のほとんどが原因不明で、顔面神経の血行不良が顔面神経を包んでいる顔面神経管内に浮腫をきたし、圧迫されて神経伝達障害を起こすものと考えられているようです。

症状は、顔のしわがなくなったり、目を閉じることが不十分だったり、強く閉じようとすると眼球が上方に回転したり、口角が下がったり、鼻唇溝が浅くなったり、食べ物が口の中にたまったりします。

顔面神経は涙や、味覚なども支配していますので、障害の部位により、味覚障害や、聴覚過敏、唾液や涙の分泌低下などがあります。長く患っていて、お薬の量や種類も増えていると、頻尿や睡眠障害などの自律神経の症状も訴えられる方もいらっしゃいますが、睡眠障害などは早い段階から改善されるようです。鍼治療ではこのような血行障害からくる病変に有効に作用改善させることができます。

元々原因不明な病気だったんですが最近の研究ではウイルス性の疾患から炎症を起こすのではないかと言われているようです。初期であればほぼ完治させられるようですが、長くなったり、重症の場合お薬ではなかなか改善させることが難しいようで、鍼灸を頼ってこられます。

鍼灸の場合、鍼の作用機序の特性で局所の血流改善を図ることにより筋委縮や拘縮を予防させることができますし、東洋医学の専門医ではない医師やほとんどの方がご存じないかと思いますが、ただ単にツボに刺して治療をしているわけじゃなくそのツボに集まっている神経や血管、感覚受容器といった人間が持っている反射機能を刺激してその結果得られた血管拡張作用などを利用して治療をしています。

その他にも、東洋医学の大昔からある学説(八綱弁証、病邪弁証、気血弁証、臓腑弁証、経絡弁証)によって病気を決定(弁証)して治療(論治)する弁証論治という言葉があり、現代医学の病気の概念から少し離れて考えるやり方もあります。

​東洋医学的な考え方では、原因が外からの刺激からくるものと、体の中の機能低下からくるものとに分けて考えて治療をしていきます。このような顔面神経に限らず、ほとんどの方が流れ的にはまず病院で診てもらい思わしくなかった重症の方が治療に見えられた結果での治療成績ですからかなり治療効果としては私自身はすごいことだと思います。その他各神経麻痺にも私が係わった治療成績からも鍼灸治療はかなり有効であると言えると思います

よくネットとか調べられた方からいろんなことがそこには書かれていますから、どうなんですかと書かれていることについて問い合わせを受けるんですが、心配になったこと、分からない事は目で見て判断するだけじゃなく、しっかり納得するまで聞いてから判断する方がいいと思います。できる限りわかりやすくお答えしますので遠慮なく聞いてください。