• いしばし鍼灸治療院

逆子治療3


今日もいいお知らせがありました。 つわりの影響で入院したこともあった妊婦さんで、その後もずっと体調がよくなく、逆子でもあったので31週から鍼灸治療においでになられた方です。 最初は同じ姿勢がつらかったそうですが横向きで治療を始めたら何とか出来て、次来られた時は体調がだいぶ良くなり、寝る姿勢も気にならなくなり、よく睡眠もとれるようになったと言われていて、今日の治療の時、前回の検診で逆子が治っていたと大変喜ばれていました。 お母さんの笑顔って素敵ですね、ほんとこっちが幸せになります。 少しお手伝いができて大変うれしく思いました。 お医者様から、子宮頚官長が少し短くなっているので安静にしてくださいと指導があったそうで、逆子のお灸は、切迫早産にも、お腹の張りが取れるぐらい有効なので、10か月まで続けられるそうです。無事出産できるようにお手伝いが出来ればいいなと思います。


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

逆子治療

今日の午前中の検診で逆子が直っていましたと、33週の後半から治療を始めた妊婦さんが満面の笑顔で来られました。 本当によかったです。 治療を始めて2週間ぐらいで直る方が一番多いようです。 この妊婦さんのように35週までに治療に来られると7割ぐらいは直ってくれるので、 今まで逆子体操を一生懸命がっばってもなかなか直らない妊婦さんは早めに治療に来られると直る確率も高くなりますので、できるだけ早く治療に来

逆子治療

今日、29週から逆子治療をされていた妊婦さんが前回の検診で満面の笑みで無事に直っていたと報告がありました。よかったですね。 この方のように30週ぐらいで治療を始められるとほとんどの方が直られます。 もう少し逆子体操で様子を見てからと考えずに、もう少し早くにやっとけばよかったと後悔しないように、早めに対処されたほうが直る確率も高くなりますので、逆子とわかったら一日でも早く治療に来られてください。 お

逆子治療

37週の検診で、今まで普通だったのが逆子になっていたので何とか普通分娩で産みたいからという事で治療した妊婦さんから、昨日の検診で直っていたと今朝電話をいただきました。年子になる上のお子さんがいるので治療に何度もこれないかもしれないけど、ダメもとで可能性があるなら治療したいという事でした。こういう妊婦さんを3人ほど見ましたけどみなさん返られました。臨月に入って逆子になった妊婦さんの場合、考え方ではま