• いしばし鍼灸治療院

逆子治療3


今日もいいお知らせがありました。 つわりの影響で入院したこともあった妊婦さんで、その後もずっと体調がよくなく、逆子でもあったので31週から鍼灸治療においでになられた方です。 最初は同じ姿勢がつらかったそうですが横向きで治療を始めたら何とか出来て、次来られた時は体調がだいぶ良くなり、寝る姿勢も気にならなくなり、よく睡眠もとれるようになったと言われていて、今日の治療の時、前回の検診で逆子が治っていたと大変喜ばれていました。 お母さんの笑顔って素敵ですね、ほんとこっちが幸せになります。 少しお手伝いができて大変うれしく思いました。 お医者様から、子宮頚官長が少し短くなっているので安静にしてくださいと指導があったそうで、逆子のお灸は、切迫早産にも、お腹の張りが取れるぐらい有効なので、10か月まで続けられるそうです。無事出産できるようにお手伝いが出来ればいいなと思います。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

逆子治療

今日の検診で37週と5日で逆子治療を始められた妊婦さんが、約1週間4回の治療で逆子が治っていたとうれしいお知らせがありました。 今まで逆子が治った最高が37週の妊婦さんだったので、最初にお見えになった時は正直次の週が帝王切開の予定だとおっしゃってたので難しいかなと思ったんですが、よくよく話を聞いていたらもともと逆子だったのが35週ぐらいで一度治って、また37週の検診でまた逆子に逆戻りしてたそうで

円形脱毛症

全頭型の脱毛症のお子さんを8月から治療していましたが、もうほとんど髪の毛が生えてきてほぼ完治された親御さんから、ご実家がトマト農家だということでトマトを袋いっぱいいただいてとてもうれしかったです。

運動の効果について!

不定期で、佐賀大学医学部より股関節だよりという、関節痛や、痛みについて興味ある記事を掲載されている冊子が送られてきますので、その中から、【運動の効果】について佐賀大学医学部准教授の園畑先生の投稿をご紹介します。 『病院の先生から、「運動したほうがいいですよ」「リハビリをしましょう」と言われたことも一度や二度ではないと思います。 運動は股関節や膝の痛みにどのような効果があるのでしょうか。  

熊本市中央区黒髪6-10-35
いしばし鍼灸治療院
096-346-5085

※ 鍼灸治療は民間療法とは違います

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律により

国家資格免許を与えられた鍼灸師が行う医療行為です

安心して治療を受けてください