top of page
  • いしばし鍼灸治療院

排尿障害


耳鳴、難聴などとともに最近治療に見えられる方が増えてきているようです。

病名としては慢性前立腺炎など、検査結果ではこれと言って異常がなく、おしっこが近いなどの症状で見えられる方が多くなりました。

精神的に緊張した時期があったなど、何か自律神経に過度の負担がかかり膀胱反射のバランスが崩れた結果症状が出ているようです。

西洋医学では、非細菌性の慢性炎症と言われることが多いようですが、東洋医学ではもう少し細かく分類して治療をしていきます。

例えば、①冷えによって起こったもの、腰や膝のだるさを伴うもの(腎陽虚)

    ②逆に体の熱が膀胱に移り起こったもの、のどは乾くが飲みたがらないなど(湿熱)

これは一部ですが、こういった症状により選穴して治療をしていきます。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨年12月27日に37週目で逆子になったという妊婦さんが、このままだと年が明けた1月5日の検診次第では帝王切開になるから最後の望みでやれることはやりたいし、お医者さんからも逆子体操の他鍼灸治療もあると聞かれ、それならと逆子の鍼灸治療を受けてみたいのでと相談があり、限られた時間しかないけどやってみますか、という事で治療を計2回だけした妊婦さんから出産された当日の夜に連絡があり、4日に陣痛が来たみたい

12月30日まで通常通り診療、31日、元日、2日、3日が休診、4日より通常通りの診療になります。 よいお年を!

36週で、今まで正常だったのに検診で逆子になっていますと告げられ、医師に帝王切開の予約まで取らされた妊婦さんが、諦めがつかないからやれることはやってそれでもだめなら手術に踏み切る覚悟で来ましたと言われて3回目の治療の後検診で逆子が直っていたと4回目の治療の時に言われました。 治ったのに逆子のお灸をしてまた逆子になることはありますかと不安がられてましたが、元々安産のお灸だから治療をしたから逆子に逆戻

bottom of page