• いしばし鍼灸治療院

排尿障害


耳鳴、難聴などとともに最近治療に見えられる方が増えてきているようです。

病名としては慢性前立腺炎など、検査結果ではこれと言って異常がなく、おしっこが近いなどの症状で見えられる方が多くなりました。

精神的に緊張した時期があったなど、何か自律神経に過度の負担がかかり膀胱反射のバランスが崩れた結果症状が出ているようです。

西洋医学では、非細菌性の慢性炎症と言われることが多いようですが、東洋医学ではもう少し細かく分類して治療をしていきます。

例えば、①冷えによって起こったもの、腰や膝のだるさを伴うもの(腎陽虚)

    ②逆に体の熱が膀胱に移り起こったもの、のどは乾くが飲みたがらないなど(湿熱)

これは一部ですが、こういった症状により選穴して治療をしていきます。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

逆子治療

今日、29週から逆子治療をされていた妊婦さんが前回の検診で満面の笑みで無事に直っていたと報告がありました。よかったですね。 この方のように30週ぐらいで治療を始められるとほとんどの方が直られます。 もう少し逆子体操で様子を見てからと考えずに、もう少し早くにやっとけばよかったと後悔しないように、早めに対処されたほうが直る確率も高くなりますので、逆子とわかったら一日でも早く治療に来られてください。 お

新着のお知らせ

ゴールデンウィーク期間中も通常通り平日はPM9時祝日はPM7時まで診療します

逆子治療

37週の検診で、今まで普通だったのが逆子になっていたので何とか普通分娩で産みたいからという事で治療した妊婦さんから、昨日の検診で直っていたと今朝電話をいただきました。年子になる上のお子さんがいるので治療に何度もこれないかもしれないけど、ダメもとで可能性があるなら治療したいという事でした。こういう妊婦さんを3人ほど見ましたけどみなさん返られました。臨月に入って逆子になった妊婦さんの場合、考え方ではま