• いしばし鍼灸治療院

排尿障害


耳鳴、難聴などとともに最近治療に見えられる方が増えてきているようです。

病名としては慢性前立腺炎など、検査結果ではこれと言って異常がなく、おしっこが近いなどの症状で見えられる方が多くなりました。

精神的に緊張した時期があったなど、何か自律神経に過度の負担がかかり膀胱反射のバランスが崩れた結果症状が出ているようです。

西洋医学では、非細菌性の慢性炎症と言われることが多いようですが、東洋医学ではもう少し細かく分類して治療をしていきます。

例えば、①冷えによって起こったもの、腰や膝のだるさを伴うもの(腎陽虚)

    ②逆に体の熱が膀胱に移り起こったもの、のどは乾くが飲みたがらないなど(湿熱)

これは一部ですが、こういった症状により選穴して治療をしていきます。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

36週で、今まで正常だったのに検診で逆子になっていますと告げられ、医師に帝王切開の予約まで取らされた妊婦さんが、諦めがつかないからやれることはやってそれでもだめなら手術に踏み切る覚悟で来ましたと言われて3回目の治療の後検診で逆子が直っていたと4回目の治療の時に言われました。 治ったのに逆子のお灸をしてまた逆子になることはありますかと不安がられてましたが、元々安産のお灸だから治療をしたから逆子に逆戻

先日、以前逆子治療で直った方が初節句だったのか、わざわざ直ったお礼にとご挨拶に見えられて、かわいい赤ちゃんを見せに来てくれました。 丁度すやすやと眠ってるとこだったので起こさないようお話をしたところでした。 うちの娘も30年前はこんなだったんだと思うと、自然と笑顔が出て、赤ちゃんて可愛いですね。 いずれ孫ができるとこんな感じになるのかなととてもうれしい一日でした。

33週から逆子治療を始められて3回目の妊婦さんが、今度の検診の結果でまた予約しますという事だったので、また妊婦さんから予約の電話をいただいたときに内心まだ返っていなかったんだと勝手に思い込んでへこんでいたら、実は自分でも検診に行くまで返っていないと思いこんでいたけど、返っていますよと言われびっくりしたと言われて、まだ予定日まで日にちがあるのでもう少し治療をやりたいと言われてみえられました。 でも本