• いしばし鍼灸治療院

逆子治療6


先日、逆子が直られたお母さんが、頭痛肩こりと、のどのイガイガ、気分が悪い、という症状などで治療に見えられました。 東洋医学ではこういう症状を、”痰濁”という病態で治療をしていきます。 なかなか西洋医学では、ただ頭痛薬を処方されるだけで、痛みに関しては即効性があるとは思いますが、かえって胃腸を悪くしたりして、症状が長引くことにもなりかねないと思いますので、こういった治療にも原因から治す鍼灸は効果があります。 そのお母さんから出産の時のことを聞いたのですが、二人目の出産で無痛分娩を希望されていらしたけど、陣痛が始まって病院に行く途中からお産しかかって、分娩台に乗ってお医者様からもう産まれますよと言われ麻酔することなく普通分娩で出産されたそうです。 この方も、逆子が直られた後もお灸を続けられていらした方でした。 改めて逆子のお灸は、安産のお灸なんだなと思った次第です。

#逆子頭痛

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

逆子治療7

34週から治療を始めた4人目を妊娠されてるお母さんから、うれしいお知らせがありました。 35週目の検診で逆子が直っていたそうです。 先生も診察の前に帝王切開の予約をするつもりでいたら、直っていたのでびっくりされて 「逆子体操を頑張ったんですか」と言われたので「ぜんぜんやっていません、鍼灸治療をやっていました」と言われたら先生も看護師さんもびっくりされてたそうです。 今は、先生たちの方から

逆子 1

昨日逆子の治療に見えられてる妊婦さんに聞いたのですが、たくさんの手術の予約で空いてるところが少ないぐらい逆子の妊婦さんがたくさんいらっしゃるんですね。 まだまだ鍼灸の逆子治療というのが認知不足なんだと思い、これからもっともっと逆子の改善率を上げる努力をし、広く認知されるようにしなければと思ったしだいです。 午前中は35週の妊婦さんが今日の検診で逆子が直っていたけど心配なので、もう少し続けてみると言

熊本市中央区黒髪6-10-35
いしばし鍼灸治療院
096-346-5085

※ 鍼灸治療は民間療法とは違います

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律により

国家資格免許を与えられた鍼灸師が行う医療行為です

安心して治療を受けてください